エクステリアリフォームで家の印象を変えよう!

家の中だけじゃない!エクステリアリフォームでどう変わる?

庭をリフォームし、外に生活空間を設けよう

庭の特徴

「庭」は単に子供やペットの遊び場だけでなく、そこに自然物や造形物を配置することにより大人でも観賞を楽しめる、といったさまざまな役割を持っています。また家の中の空間が重苦しくスッキリしない時に、庭のある外に出て、自分の心と体をリフレッシュさせることもできます。

そして肝心の庭一面の敷物は、「芝生」「砂利」「レンガ」「タイル」があります。
「砂利」は踏むと音がするため、防犯対策として有効です。さらに「レンガ」はレトロな雰囲気、「タイル」は汚れた時の掃除が楽だけでなく種類が豊富です。
特に緑色のきれいな「芝生」の庭に憧れている方もほとんどではないでしょうか。庭で遊ぶ際に体の負担がかかることはなく、夏場は温度の上昇を抑える効果もあるので、子供やペットのいる家庭ではおすすめです。

ウッドデッキを設置する

庭に「ウッドデッキ」を設置すると大きな外リビングとして使えるだけでなく、雑草の生える範囲も狭くなるので庭の手入れが楽です。また庭へ出る際の段差が低いので、足腰に負担がかかりません。
さらに使い方もさまざまで、例えば家族や知り合いと揃ってバーベキューを楽しむ場としてなど、発想次第で便利な空間になると思います。
しかしウッドデッキは、日あたりが悪いところや湿気が多いところでは、カビが繁殖しやすく腐ってしまうので、ウッドデッキを設置する方角には気をつけてください。

いかがでしたでしょうか?この記事を読んで庭が欲しいと思った方もいると思いますが、庭の広さには限りがあるので、リフォームする際は目的をはっきりさせておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る